高タンパクの内容

ドッグフード高タンパクのドッグフードという条件さえクリアしていれば、どんな商品を買って飼い犬に与えてもいいというわけではありません。商品によっては、逆に飼い犬の健康を損ねてしまうようなことにもなりかねないためです。

たとえば、高タンパクの中身が肉が主体になってはいないドッグフードがあります。乳製品やたまごが占める割合が高く、このことによって高タンパクの条件をクリアしているドッグフードがあるのですが、これはよくありません。なぜよくないのかといいますと、アレルギーを引き起こす原因になるリスクがあるためです。そのため、ドッグフードの高タンパクは肉の使用量が多いものでなくてはいけません。

さらに、低炭水化物で高タンパク質のドッグフードであることが理想的です。小麦、トウモロコシのような穀物類が不使用のものを選びましょう。炭水化物の含有量が多いドッグフードは、犬にとって消化に悪く、そのまま排泄されてしまいます。そしてその結果、飼い犬が栄養不足を招いてしまうことになりかねません。これに対して、低炭水化物のドッグフードは消化率に優れており、栄養を効率よく補給することが可能です。まとめると、たまごや乳製品不使用で肉たっぷりの高タンパク、穀物類不使用の低炭水化物食にあてはまるドッグフードを購入しましょう。

 

肉の種類

犬肉の使用量が多い高タンパクのドッグフードがいいというのは、別のページで解説したとおりです。ただ、肉といっても種類は複数あり、どの動物の肉がよいのか、商品を決めるときに迷ってしまう人も少なくありません。ここでおすすめしたいのは、チキンまたはラムの肉が使用されているドッグフードです。飼い犬が好んで食べるかどうかという問題はありますが、チキンにはチキンの、ラムにはラムのよさがあります。

まず、チキンの肉が使用されているドッグフードの強みですが、おいしいということで、好んで食べる犬が多いです。ドッグフードの食いつきが悪くて困っているという問題の解決のためにも貢献してくれる可能性があるでしょう。味重視で高タンパクのドッグフードを決めたいという人にチキンの肉はおすすめです。

鶏肉は、タンパク質・ビタミン・リン、そして健康維持により元気な体を保つセレンを豊富に含みます。

次にラムの肉が採用されているドッグフードですが、味には若干の癖があります。ただ、飼い犬の食いつきがよければ神経質になる必要はありません。ラムの肉の強みは消化率に優れています。人間も同じですが、犬の便秘は大腸に便が詰まる巨大結腸症や、腸のなかに悪玉菌がはびこり、ガンを起こすリスクがあります。消化率の高いドッグフードをとることにより、便通がよくなる効果を期待することができます。

高タンパクドッグフードとは

犬 ペットとして犬がいる家庭は多いです。犬は自分でエサを吟味し、健康によりよいものをと選ぶことができません。したがって、食事で犬の健康管理は飼い主の責任で行う必要があります。ただ、健康によい食事といっても、何を与えてあげるとよいのかわからず困ってしまう犬を飼っている人は少なくありません。犬の餌となるドッグフードはさまざまな種類がでているため、どのドッグフードを選んでいいか分からないといった方も多いでしょう。

犬は元々肉食であり、穀物類が不得意な生き物です。とりわけ、小麦、米、トウモロコシのような炭水化物は完全に消化することができず、アレルギーを起こしてしまうことすらあります。そのため、穀物類が入っていないグレインフリーのフードが犬には合っています。そして高タンパクのフードであればよりよいです。高タンパクのドッグフードというのは、肉が占める割合が高いフードのことをいいます。たとえばチキン、ラムが50%以上の割合を占めているドッグフードは高タンパクといってよいでしょう。

高タンパクのドッグフードが犬によい理由は主に3つあります。具体的には、高タンパクのドッグフードは消化によく、脂肪分が多くない、アレルギーを防ぐことに繋がるということです。毎日のドッグフードをこのような種類に変更することにより、良好な健康状態の維持に役立ちます。ただ、高タンパクのドッグフードであれば何でもいいわけではありません。別のページで注意すべきことを解説していますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。