高タンパクドッグフードとは

犬 ペットとして犬がいる家庭は多いです。犬は自分でエサを吟味し、健康によりよいものをと選ぶことができません。したがって、食事で犬の健康管理は飼い主の責任で行う必要があります。ただ、健康によい食事といっても、何を与えてあげるとよいのかわからず困ってしまう犬を飼っている人は少なくありません。犬の餌となるドッグフードはさまざまな種類がでているため、どのドッグフードを選んでいいか分からないといった方も多いでしょう。

犬は元々肉食であり、穀物類が不得意な生き物です。とりわけ、小麦、米、トウモロコシのような炭水化物は完全に消化することができず、アレルギーを起こしてしまうことすらあります。そのため、穀物類が入っていないグレインフリーのフードが犬には合っています。そして高タンパクのフードであればよりよいです。高タンパクのドッグフードというのは、肉が占める割合が高いフードのことをいいます。たとえばチキン、ラムが50%以上の割合を占めているドッグフードは高タンパクといってよいでしょう。

高タンパクのドッグフードが犬によい理由は主に3つあります。具体的には、高タンパクのドッグフードは消化によく、脂肪分が多くない、アレルギーを防ぐことに繋がるということです。毎日のドッグフードをこのような種類に変更することにより、良好な健康状態の維持に役立ちます。ただ、高タンパクのドッグフードであれば何でもいいわけではありません。別のページで注意すべきことを解説していますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。